電子レンジ

2020年3月4日放送「ごごナマ」に出演し、料理研究家の村上祥子さんが、レンチンごはんを紹介しました。ここでは、「ごごナマ」に出演した、料理研究家の村上祥子さんのプロフィール・経歴・本をまとめました。

レンチンごはんの村上祥子が「ごごナマ」出演!

2020年3月4日放送「ごごナマ」で、大人気の料理研究家・村上祥子さんが出演されます。

30代で患った顎の病気で歯を18本も抜く治療を経験している村上祥子さん・・・そのことがきっかけで治療食や介護職の開発に携わるようになったそうです。

ところが、4年前に夫に先立たれた後は食への関心が薄れた時期もあったそうです。

しかし村上祥子さんと同じように「一人の料理が美味しく作れない・・・自分のために作るのが億劫・・・」というシニア世代の悩み相談を受けることがあり、それならば・・・一人でも簡単にできるレシピを・・・ということでお一人様レシピを考案されたそうです。

ここでは、「ごごナマ」に出演した、空飛ぶ料理研究家の村上祥子さんのプロフィール・経歴・本をまとめました。

レンチンごはんの村上祥子が「ごごナマ」出演! プロフィールは?

名前 : 村上 祥子(むらかみ さちこ)

生年月日:1942年2月18日

出身地 : 福岡県

最終学歴 : 福岡女子大学家政学科

職業 : 料理研究家・管理栄養士

レンチンごはんの村上祥子が「ごごナマ」出演! 経歴は?

村上祥子さんは福岡女子大学家政科学科を卒業後、27歳の時に自宅で料理教室を始めました。

その一方では数々の料理コンテストに出ては入賞し、料理研究家としても名前が知られるようになりました。

40歳の頃に慢性骨髄炎を患い、5年間の闘病生活を送っているそうです。

そのことがきっかけで村上祥子さんは「食と生命の関係」を重要視するようになりました。

村上祥子さんは、健康的な食生活を送るための能力を『食力(たべぢから)』と名付け、電子レンジなどの器具を使った簡単な調理法を3歳児から老齢者までの幅広い年齢層の方々に料理を指導しています。

村上祥子さんはメインスタジオを東京に構え、日本全国の講演会・料理教室・福岡のスタジオなどを駆け巡っています。

村上祥子さんの飛行機の搭乗回数が半端なく多いのは有名です。

1日3回、週に20回近く飛行機に乗ることもあるそうです!

そのため航空会社から予約の確認の時に間違いではないか問われた話もあるそうです。

そんな村上祥子さんは、親しい友人からは空飛ぶ魔女と呼ばれ、『空飛ぶ研究家』を冠としています。

村上祥子さんは30代で料理コンテストに入賞した後は、家庭科料理研究家として女性誌にデビューしています。

その後は管理栄養士の資格を取り、母校で教える傍ら福岡を拠点に料理教室を主宰するなどの活動をしてきました。

村上祥子さんの活動の柱は料理教室各地での食育を中心とする公演実演活動テレビ雑誌新聞などの執筆企業や大学研究チームとの商品メニュー開発など多岐にわたります。

そして中心となるのが、村上祥子さんの「1日15品目1600kcal」の栄養理論です。

この食事方法をもとに電子レンジを活用した簡単でおいしいレシピを作る「電子レンジの達人」として有名になりました。

パン酵母を電子レンジで30秒発酵させるレシピは特許も持っています。

村上祥子さんは「レンジパンの達人」とも呼ばれています。

また、家庭料理のほか糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防食や改善食・病院食のメニュー開発にも取り組んでいます。

まさに、食の楽しさと体の安全の両方を提供しています

レンチンごはんの村上祥子が「ごごナマ」出演! レシピ集や書籍は?

たった4分チンするだけでおかずにもスープにも凍ったまますぐ使える1人分冷凍パック (大和書房)

60歳からは食べて健康に! レンチン1回で頑張らない電子レンジのおかず (大和書房)

頑張らない台所~60歳からはラクしておいしい (大和書房)

シニアひとり分のマグカップごはん (TJMOOK)  (宝島社)

まとめ:「ごごナマ」村上祥子のプロフィール・経歴は?電子レンジ料理研究家!

ここでは、「ごごナマ」に出演した、料理研究家の村上祥子さんのプロフィール・経歴・本をまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事