中野もみじ山の紅葉の2022年ライトアップ時期や屋台期間は?見頃やアクセスや駐車場は?
仲野もみじ山

本ページはプロモーションが含まれています

青森県黒石市の中野もみじ山は、紅葉の見頃時期になると、ライトアップが実施され、屋台(露店)もでます。ここでは、中野もみじ山の紅葉の魅力や見どころ、2022年ライトアップ時期や屋台期間、例年の見頃時期や2022年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介します。

中野もみじ山の紅葉の魅力や見どころは?

中野もみじ山は、青森県の黒石市にある県内でも有数の紅葉スポットです。

特に紅葉が見ごろを迎える10月下旬から11月上旬にかけては県内外から多くの観光客で賑わいをみせています。

赤、黄、オレンジ色の紅葉と木々の緑のグラデーションで彩られた中野もみじ山は紅葉だけでなく、周囲を散策しながら歴史ある神社や樹齢数百年を超える大木、近くを流れる渓流や滝を見る事もでき、期間中の夜には紅葉のライトアップが行われます。

自然と歴史が織り成すその幻想的な風景は、同じく紅葉の名所として名高い京都の嵐山に例えられ、「東北の小嵐山」とも呼ばれています。

中野もみじ山の紅葉スポットの起点となる中野神社の入り口付近には紅葉の期間中、ご当地メニューをはじめ、いくつかの屋台が出店されています。

屋台を通り過ぎると下り坂があり、その坂を下りて左に曲がると風情ある朱色の「不動橋」があります。

この橋から見える「不動の滝」と、樹齢200年のもみじの木、そしてそのそばを流れる川のせせらぎの美しさは静寂で荘厳な輝きを放ちます。

不動橋を渡ると、県指定天然記念物である樹齢約200年のモミの木が2本立ち並び、高さ30メートル越えの巨木の存在感は圧巻です。

鳥居をくぐり奥にある中野神社横の長い石段を登ると「観楓台」と呼ばれる、こちらも絵画のような景色の広場へと出る事ができます。

また観楓台までの道中では樹齢約600年の大杉を見る事ができます。

観楓台では周囲のもみじの木から落ちた葉が織り重なり、特に落葉時期には辺り一面がまるで落ち葉の絨毯のようになります。

どこをとっても絶景が広がる中野もみじ山は、絶好のフォトスポットだらけですね!中野もみじ山で紅葉狩りを楽しんだ後は、撮影した写真をフォトコンテストに応募してみませんか?

中野もみじ山では現在2年ぶりに「中野もみじ山フォトコンテスト」が開催されています。

【中野もみじ山 SNS フォトコンテスト2022】

募集テーマ 「あなたが伝えたい中野もみじ山の美しい秋」

応募期間 2022年 10 月 21 日(金)~2022 年 11 月 6 日(日)

応募方法:Instagramから黒石市の公式アカウント「Visit Kuroishi」をフォローして写真に「#中野もみじ山フォトコン2022」のハッシュタグをつけて投稿。

【賞 品】

最優秀賞 1名 副賞(2万円相当の黒石物産品詰合せ)

優秀賞 2 名 副賞(1万円相当の黒石物産品詰合せ)

入賞 5 名 副賞(2千円相当の黒石物産品詰合せ)

日本国内在住であればプロアマ問わず、ひとりにつき何点でも応募できるという事なので、どんどん投稿して豪華賞品をゲットしましょう♪

詳細は青森県黒石市商工観光部観光課観光振興係まで

電話:0172―52-2111(土日祝除く)

中野もみじ山の紅葉の2022年ライトアップ時期や屋台期間は?

中野もみじ山のライトアップは新型コロナウィルスの影響により残念ながら昨年まで中止となっていましたが、2022年ようやく3年ぶりの開催となりました!

心待ちにしていた方々も多いことでしょう。

暗闇の中で静かに照らされる紅葉は昼の姿とはまた違った幻想的な華やかさを魅せてくれます。

【中野もみじ山夜間ライトアップ】

期間 2022年10月27日(木)~2022年11月3日(木祝)

時間 日没~20:00まで

【屋台】

中野神社入り口付近に出店している屋台(露店)は5~6店舗ほど。

市の観光課の方によると現在はフランクフルト、たこやき、津軽おでん、黒石焼きそば、栗入りおやきの屋台が出店しているようです。

黒石焼きそばは太くて平たい太平麺が特徴で、焼きそばといっても見た目はうどんのようにスープに浸かっています。屋台の津軽おでんのお出汁はしょう油味ベースで濃い目の味つけのようです。

栗入りおやきはSNS映えしそうな栗の形をしたおやきでとても可愛く、毎年これを楽しみに買いに来られる人もいるのだとか。

昼間でも寒さを感じるこの時期は、屋台のご当地メニューを食べて体の中から温まり、そしてその後もみじ山を散策すると、心も体も大いに元気をチャージできそうですね♪

ご当地メニューがあるので県外から訪れる観光客の方も地元の味を気軽に楽しめる事でしょう。

出店期間: 2022年10月22日(土)~11月6日(日)

営業時間: 店舗によって異なります。

中野もみじ山の紅葉の例年の見頃時期や2022年現在の状況は?

中野もみじ山は、例年10月下旬から11月上旬頃にかけての時期が紅葉の見頃となっています。

2022年10月26日現在の中野もみじ山はまだ完全な紅葉ではなく、ぼちぼちと色づきを始めています。

紅葉は今週末の10月29日(土)頃から来週にかけて見頃を迎えると予想されています。

夜間ライトアップは11月3日(木)までとなっていますので、今週末が絶好の紅葉狩り日和となりそうです。

ここ数日、中野もみじ山では寒暖差が激しく、昼間でもダウンを着て観光する人の姿が見られるようです。

現地へは温かい服装で、また散策地は急な坂道や山道が多いので、スニーカーなどの歩きやすい靴でお出かけくださいね。

また中野神社入口では2022年10月21日(金)~11月6日(日)まで臨時観光案内所を設置し、感染症対策を実施しています。

入場来場の際には検温、手指消毒、マスクの着用の協力を呼び掛けています。

感染症対策バッチリで安心安全に紅葉狩りを楽しめますね♪

そして中野もみじ山では2018年からペットを連れての立ち入りは禁止となっていますのでご注意ください。

※盲導犬・聴導犬・介助犬等の補助犬については入場が可能です。

中野もみじ山の紅葉のアクセスや駐車場は?

【中野もみじ山】

住所:青森県黒石市南中野字不動館27

問い合わせ先:青森県黒石市商工観光部観光課観光振興係

電話:0172―52-2111(土日祝除く)

自動車でのアクセス:

東北道黒石ICから十和田方面(国道102号経由)6km約10分

公共交通機関でのアクセス:

弘南鉄道弘南線「黒石駅」から弘南バスで約31分。大川原線「中野神社前」バス停下車徒歩1分/または「板留」「虹の湖」「温川線」行きバス「中野南口」下車徒歩5分

駐車場:

津軽伝承工芸館:無料 約200台駐車可能 会場より徒歩約12分

やすらぎの駐車帯:無料 会場より徒歩約5分

いくつかの駐車場がありますが最寄りの「やすらぎの駐車帯」は期間中バスなどの大型車両で大変混雑する為、市の公式では「津軽伝承工芸館」での駐車を推奨しています。

また中野神社入り口周辺の民家では一律300円で駐車スペースを提供している所もありますのでチェックしてみて下さいね。

まとめ:中野もみじ山の紅葉の2022年ライトアップ時期や屋台期間は?見頃やアクセスや駐車場は?

ここでは、中野もみじ山の紅葉の魅力や見どころ、2022年ライトアップ時期や屋台期間、例年の見頃時期や2022年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介しました。

中野もみじ山の樹齢100年を超えるモミジが鮮やかに染まる絶景をぜひお楽しみください!