中山寺梅2023見頃時期や開花状況は?アクセスや駐車場は?
中山寺梅林

本ページはプロモーションが含まれています

兵庫県宝塚市の中山寺梅林について、梅の2023年見頃時期や開花状況、中山寺梅まつり2023の日程や内容(梅酒や梅シロップ等)、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、中山寺梅林の2023年見頃時期や開花状況、中山寺梅まつり2023の日程や内容、アクセスや駐車場、魅力や見どころについて紹介します。

中山寺梅林の梅の2023年見頃時期や開花状況は?

中山寺の梅

中山寺梅林の梅の見頃例年、2月中旬から3月下旬にかけてです。

その年の気象状況により、開花時期も見頃も多少前後しますが、中山寺梅林には早咲きから遅咲き、白梅、紅梅と様々な品種の梅が植栽されているため、長く観梅が楽しめます。

2023年は、2月に気温の低めの日が多かった影響で、例年より開花も見頃も遅れています。

2023年2月22日現在、中山寺梅林の梅は全体的には、咲き始めです。

今年は全体的に開花が遅れているので、梅と桜を同時に見られるかもしれませんね!

中山寺梅まつり2023の開催日程や内容は?

中山寺の梅

中山寺梅林では、例年、3月の第一日曜日に「中山寺梅まつり」が開催され、毎年多くの来場者でにぎわいます。

梅まつり当日は、中山寺の梅林で取れた梅の実を使って作った梅酒の「紫雲」と梅シロップの「みやすうめ」が限定販売されます。

みやすうめは、安産祈願の思いがあり、毎年たくさんのファンがこの梅シロップを待ちわびているほどの人気商品です。

2023年の中山寺梅まつりも、2023年3月5日(日)に予定されています!

是非、早春の風物詩、梅の花が咲き誇る中山寺の梅まつりで、大人気の梅酒の「紫雲」と梅シロップの「みやすうめ」を入手してくださいね!

※梅林や境内は、原則飲食禁止となっています。

中山寺梅林2023のアクセスは?

中山寺の梅

中山寺

住所:〒665-8588 兵庫県宝塚市中山寺2丁目11-1

電話:0797-87-0024(9時〜17時)

参拝時間:24時間境内入場可能

拝観料:無料

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

JR宝塚線(福知山線) 中山寺駅から北西へ徒歩約10分

阪急電鉄宝塚線 中山観音駅から北へ徒歩約1分

車でのアクセス

宝塚ICから川西方面(東)=>約500m先の安倉中交差点を左折=>約1km先の中山寺西交差点(右側にダイエーがある)を右折=>阪急中山観音駅 南側へ出ます。

中山寺梅林2023の駐車場は?

駐車場:なし ※近隣のコインパーク

車で中山寺へお出かけの際には、近隣のコインパーキングを利用することになります。

できるだけ車で行きたい!どうしても車で行く必要がある!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

中山寺梅林の魅力や見どころは?

中山寺の梅

宝塚歌劇団の本拠地、宝塚大劇場があり、「歌劇の街」として全国的に有名な兵庫県宝塚市にある中山寺は、聖徳太子の創建によると伝えられる、日本で最初の観音霊場です。

中山寺

安産祈願本邦随一の霊場として古くから親しまれ豊臣秀吉中山寺で熱心に祈願して世継ぎの秀頼を授かったといわれています。

また、幕末には、明治天皇の御生母である中山一位局が、中山寺の鐘の緒を受けて明治天皇を御平産されたことから、中山寺は、日本で唯一の「明治天皇勅願所」にもなっています。

そんな安産祈願のお寺という印象が強い中山寺ですが、中山寺の境内を抜けたところにある中山観音公園には、約1000本もの梅の花が見事に咲き誇る梅林があります。

中山寺は、本堂までエスカレーターとエレベーターが配備されているハイテク&バリアフリーのお寺なので、歩くのに苦労せず、快適な参拝が可能です。

中山寺の境内にも多くの梅の花が植栽されていて、美しい装飾が施された本堂紅白咲分け梅と大願塔のコラボレーションが見事です。

参道の側面には、梅以外に椿の花なども咲いていて、山門から見える景観はとても美しいものです。

中山寺の梅

境内を抜けて中山寺梅林(中山観音公園)にたどり着くと、大きな観音様を囲むように、山の斜面に白梅、紅梅、様々な梅の花が咲き乱れています。

梅に囲まれた公園で、梅特有の甘酸っぱい芳香が公園内に漂うなか、ピクニックシートなどを広げて、ゆったりと観梅することも可能です。