ボイトレ
ボイトレ

2021年2月27日放送【土曜はナニする】で、ボイストレーナーの鳥山真翔(まなと)さんが、美顔ボイトレのやり方を紹介しました。ここでは、2021年2月27日放送【土曜はナニする】で、ボイストレーナーの鳥山真翔(まなと)さんが紹介した、美顔ボイトレのやり方についてまとめました。

【土曜はナニする】鳥山真翔(まなと)の正しい発声チェックの仕方は?

老け顔の原因は、表情筋の衰えにあります。

表情筋を効果的に鍛えることで、引き締まった美顔へ導いてくれるが発声方法です。

正しい発声法を身につけることで、美顔を手にすることができます。

発声チェック

笑顔で「い~」と発声するだけでわかります

「い~」と発声したときに、首に筋が入った人は、間違った発生のしかたをしています。

首に筋が入るということは、アゴの力で発生してしまっているのです。

アゴの力に頼らずに、鼻の横にある口角挙筋を使って発生する必要があります。

正しい発声法は、口角挙筋という表情筋を使って声を出すことです。

顎関節より上の表情筋を鍛えることが重要です。

【土曜はナニする】鳥山真翔(まなと)の美顔ボイトレのやり方は?初級編ウイウイ?

初級編ウイウイ(別名表情筋スクワット)

口周りを中心に表情筋がついているので、口周りがかたいと表情筋をうまく引き出すことができません。

う」の発声で、顔の引き締め効果があり、「い」の発声で口角挙筋の強化になります。

1.ウと、口を前に突き出して発声します。

2.イと、上唇を引き上げて発声します。

3.「ファソラシドシラソファ」の音階に合わせて「ウイウイ」と発声します。

ポイントは、ウと発声するときに、歯が見えるまで、唇を突き出して楕円形にすることです。

イと発声するときは、口角挙筋を使って縦に引き上げるイメージです。

【土曜はナニする】鳥山真翔(まなと)の美顔ボイトレのやり方は?中級編マメミモム!

マ行の発声は、表情筋を効率的に強化します。

表情筋を上げた状態で、「マメミモム」と裏声で発声します。

ポイントは、下唇を動かさないことです。

最初は下唇指で押さえながら発声します。

慣れるまでは、指で表情筋を持ち上げてもOKです。

【土曜はナニする】鳥山真翔(まなと)の美顔ボイトレのやり方は?上級編ラナ・シャサ・チャタ・キャカ!

舌の筋力が弱いと、アゴの力で発声してまいます。

舌を鍛えることで、滑舌の改善とたるみを解消します。

表情筋を上げた状態で、「ラナx9・シャサx9・チャタx9・キャカx9」を発声します。

徐々にスピードを上げていきます。

最初は、あせらずゆっくりと!

滑舌の悪い人が苦手は「カ行」「サ行」「タ行」は、舌を動かすことを意識して発声する必要があります。

【土曜はナニする】鳥山真翔(まなと)のプロフィールや経歴は?

東京都出身で、幼少期より、子役として数々のドラマや映画等に出演します。

その後、ゴスペルシンガー、ディレクターとしてプロ活動を行います。

『人の声がどこで響いているのかが、色で見える』という特殊な共感覚を生かし、現在はボイストレーナーとして、数々のテレビ番組、著名人、レコード会社、専門学校等での発声指導を行っています。

2010年に立ち上げた『SwitchOfVoice』では、2万人以上の指導を行っている発声のエキスパートです。

整体師や脳科学者としてのキャリアもあり、解剖学や心理学、脳科学の深い知識と、経験を活かした、アカデミックで分かりやすい指導に定評があります。

まとめ:【土曜はナニする】美顔ボイトレのやり方は?鳥山真翔(まなと)が伝授!

ここでは、2021年2月27日放送【土曜はナニする】で、ボイストレーナーの鳥山真翔(まなと)さんが紹介した、美顔ボイトレのやり方についてまとめました。

ぜひ参考にしてください!

おすすめの記事