チキンソテー
ガーリックチキンソテー

2021年2月9日放送「あさイチ」にて、料理研究家・脇雅世さんが、皮パリッ&肉ジューシーな絶品チキンソテーの作り方を紹介しました。ここでは、「あさイチ」で料理研究家・脇雅世さんが紹介した、皮パリッ&肉ジューシーな絶品チキンソテーの作り方についてまとめました。

「あさイチ」絶品チキンソテーの作り方!

材料

鶏もも肉 1枚(250g)

塩 2.5g

作り方

1.ビニル袋に鶏もも肉と塩を入れて、よく揉み込みます。(鶏肉と塩の量の割合は、約1%がベストだそうです。鶏もも肉の下の筋は切り落とし、余分な脂はとっておいてください。)

2.フライパンに皮を下にして置き、皮をパリパリにするため、鍋をもも肉の上に置きます。(鍋の重みで、皮がフライパンの表面に押し付けられパリパリに焼くことができます。)鍋の重さは1kgがベストなので、重さが足りない場合は鍋に水を入れて調整してください。

3.鶏肉をジューシーにするためには、アルミホイルをフライパンを覆うように置いてください。そして、四隅を軽く折り曲げてください。アルミホイルで隙間を作って覆うことにより、もも肉から出た水分で蒸し焼きにするためです。

4.鶏肉をひっくり返さないで、中火で12分焼いてください。(油は使わずもも肉の脂で焼いてください。

5.ひっくり返して、中火で1分焼いてください。

6.鶏もも肉が焼きあがったら、さらにジューシーにするために、すぐに切らずに3分間ほど置いてください。(肉汁を閉じ込めます。)

7.鶏肉を切ってお皿に盛りつけて完成です。

「あさイチ」脇雅世先生のプロフィールは

東京生まれの料理研究家です。

1977年に渡仏し、ル・コルドン・ブルーやマキシム・ド・パリなどで学びました。

1981年より10年間、24時間耐久カー・レース「ル・マン」にマツダ・レーシングチームの料理長として参加しています。

1984年に帰国し、服部栄養専門学校国際部ディレクターになりました。

1991年より「脇雅世料理教室」を主宰しています。

2014年、フランス農事功労章を受勲し、現在は、書籍、雑誌やテレビ、キッチングッズのプロデュースなど、幅広い分野で活躍されています。

まとめ:「あさイチ」絶品チキンソテーの作り方!脇雅世の皮パリッ&肉ジューシー法とは?

ここでは、「あさイチ」で料理研究家・脇雅世さんが紹介した、皮パリッ&肉ジューシーな絶品チキンソテーの作り方についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事