チャーハン
チャーハンピラフ

2020年6月2日放送「林修の今でしょ!講座」で、ホットプレートを使うパラパラチャーハンの作り方を紹介しました。ここでは、 「林修の今でしょ! 」で紹介した、桃の木・チャーハン王・ふーみん・王将が伝授するパラパラチャーハンの作り方についてまとめました。

「林修の今でしょ」餃子の王将がパラパラチャーハンの作り方を伝授!

パラパラのチャーハンにつるには、炊き立ての熱々ご飯を使います。

ご飯と卵を先にからめ、卵かけご飯にして、お米を卵でコーティングしてから炒めます。

しょう油5cc・めんつゆ5cc・お酒5ccで味付けします。

しょう油は、ホットプレートに直接かけてください。

「林修の今でしょ」ふーみんがパラパラの納豆チャーハンを伝授!

半分卵かけごはんをつくり、ホットプレートで炒めます。

納豆をかき混ぜないで加えて、加えたらすぐに素早くかき混ぜて炒めて、残りの玉子を入れて炒め完成です。

「林修の今でしょ」チャーハン王が絶品チャーハンの作り方を伝授?

うま味とコクをだすペースの材料は以下の通りです。

ひき肉20g・キャベツ4g・玉ネギ・少々・ニラ2g・ビーフブイヨン2g ・鶏がらスープの素1g

チャーハンをパラパラにするウラ技は、ごはんにすりごまを混ぜる事です

200gのご飯に対して5gのごまを用意して、他の具材と同じタイミングでフライパンに投入しましょう。

中華料理店のチャーハンと比べると、家庭のチャーハンは火力が足りず、水分が取り切れず、ぺちゃっとしがちです。

ごまを入れると、ごまが余計な水分を吸ってくれるので、パラパラの炒飯が出来上がります。

更に、ごまが米と米の間に入ることによってご飯1粒1粒が引き立ち、物理的にもパラパラするそうです。

「林修の今でしょ」桃の木が干し貝柱と葱と卵のチャーハンの作り方を伝授!

脂っぽさが一切なく、しっとりパラパラのチャーハンです。

お米は、タイ米を使います。

タイ米は水分が少なく、パラパラチャーハンに最適です。

ホットプレートでフライパンに油を引き、タイ米200gを落として、お米の中央に溶き卵35gを流し、素早くかき混ぜます。

ネギ40gと塩小さじ1/2と水で戻した干し貝柱25gを加えます。

仕上げに少量の水を入れるのがポイントです。

水蒸気がごはんにまとわると、油っぼさを感じなくなります。

まとめ:「林修の今でしょ」パラパラチャーハンの作り方!桃の木・チャーハン王・ふーみん・王将が伝授!

ここでは、 「林修の今でしょ! 」で紹介した、桃の木・チャーハン王・ふーみん・王将が伝授するパラパラチャーハンの作り方についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事