招き猫

2020年4月21日放送「マツコの知らない世界」にて、猫写真家・板東寛司さんの招き猫コレクションが紹介されました。ここでは、「マツコの知らない世界」に登場する、猫写真家・板東寛司さんの経歴や招き猫の世界や風呂猫スタジオについてまとめました。

「マツコの知らない世界」猫写真家の板東寛司さんが招き猫の魅力を紹介!

2020年4月21日放送「マツコの知らない世界」にて、猫写真家・板東寛司さんの招き猫コレクションが紹介されました。

「招き猫の世界」には、偶然拾った猫を撮影したことがきっかけで招き猫が好きになり、5000体をコレクションしているだけでなく、招き猫ミュージアムを作り、その魅力を伝えているという写真家・坂東寛司氏が登場します。

板東寛司さんは、猫専門のカメラマン(キャトグラファー)として、年間約200匹の猫の撮影実績があり、多数の猫関連の著書が出版されています。

板東寛司さんは、写真家だけでなく、「猫とアート」をテーマにさまざまな企画展やイベントなどをプロデュースしています。

坂東氏は「生きている猫は人間の言うことを聞かないが、招き猫なら健気にずっと福を招き続けてくれている」と持論を語ります。

江戸時代に日本で誕生したといわれている招き猫。

坂東さんが時代を超えて愛されてきた招き猫のコレクションを公開するとともに、それぞれのいわれやご利益なども紹介します。

また、坂東氏が気になっているという猫をモチーフにしたティーポットやアメリカ、中国、台湾、マレーシアなどでも人気のちょっと変わった招き猫も披露します。

さらに、坂東氏が注目しているアーティストたちが生みだした進化系創作招き猫、3次元で表現されたモノや、色彩感覚が美しい招き猫がスタジオに続々と登場します。

招き猫を幸運を招くだけのものではなく、インテリアとしてオシャレな招き猫、海外でも外国人受けされる作品、さらに招き猫作家に夜激レア作品が紹介されます。

ここでは、「マツコの知らない世界」に登場する、猫写真家・板東寛司さんの経歴や招き猫の世界や会社・風呂猫についてまとめました。

「マツコの知らない世界」猫写真家の板東寛司さんのプロフィールや経歴は?

名前:板東寛司

出身:兵庫県神戸市

生年月日:1950年

職業:猫写真家

学歴:千葉大学工学部写真工学科卒

事務所:風呂猫スタジオ(1991年~)

板東 寛司さんは1950年生まれで猫専門の写真家であり、風呂猫スタジオ代表の肩書きを持たれています。

兵庫県神戸市出身で、千葉大学工学部写真工学科卒業され、出版社である映像製作会社勤務を経て、1991年に個人事務所「風呂猫スタジオ」を設立され、代表になりました。

また、1993年に妻の荒川千尋さんと共に日本招猫倶楽部も設立されています。

愛知県瀬戸市に在する招き猫ミュージアムには、板東寛司さんと荒川千尋さんの個人コレクションが数千点相当、展示されているそうです。

板東寛司さんは猫専門のカメラマン(キャトグラファー)として活動され、「ふつうの猫のふだん着の表情がいちばん」といった自然体の猫の表情をコンセプトに、一般家庭を訪問して猫を撮影されています。

2014年には撮影した猫の数が五千匹を超え、かなりの数の猫を撮影されています。

人間の大切なパートナーとしての猫の、心なごむ写真を追求されており、写真集やオリジナルカレンダー、ポストカードとして作品を残されています。

「マツコの知らない世界」猫写真家の板東寛司さんの風呂猫スタジオの活動とは?

板東寛司さんは、「風呂猫スタジオ」を設立しました。

「ふつうの猫の普段着の表情が一番」をコンセプトに、一般家庭を訪問して年間200匹もの撮影をされています。

風呂猫の事業は主に二つです。

一つは「来る福招き猫まつり」や「catアートフェスタ」など猫アートイベントの企画・運営をされてます。

二つめは、猫カレンダーやポストカード、クリアファイルなど猫アートグッズや絵本なども出版されています。

「マツコの知らない世界」猫写真家の板東寛司さんの日本招き猫倶楽部とは?

板東寛司さんは1993年、愛好家たちのための場をつくろうと思い、「日本招き猫倶楽部(まねきねこくらぶ)」を設立しました。

板東寛司さんは招き猫の収集のみならず、招き猫の歴史の研究もされているそうです。

諸説あるそうですが、招き猫の歴史は江戸後期からと言われていているそうです。

板東寛司さんは、猫が身近な動物であったことや、決して人の意のままにならず、神秘的な力を感じさせるからではないかと考えています。

板東寛司さんは、「どうして、そんなに招き猫にこだわるのですか」と問われたら、「招き猫に招かれたから…」としか答えようがありません。招き猫は何よりもまず、自分を好きになってくれる人を招くのです。次に、自分の仲間を招きます。だから、招き猫を1つ買うと、だんだん増えてくる…。」と語っています。

日本招猫倶楽部の概要

設立:1993年

会員:全国約500人

参加資格:猫好きであればOK

活動:

1.招き猫に関する情報交換

2.倶楽部誌「福の素」の発行

会費:2年分3,000円

入会方法:https://www.manekinekoclub.org/contact

連絡先:

住所:〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1316-7 風呂猫スタジオ内 

日本招猫倶楽部事務局

Tel: 0279-80-3922 Fax: 0279-803926

招き猫ミュージアムの概要

設立:2000年 群馬県吾妻郡嬬恋村に設立

移転:2005年 愛知県瀬戸市に移転

所在地:〒489-0821 愛知県瀬戸市薬師町2番地

TEL:(0561)21-0345 FAX:(0561)21-0346

E-Mail:museum@luckycat.ne.jp

公式サイト:http://www.luckycat.ne.jp

まとめ:「マツコの知らない世界」板東寛司の招き猫コレクションや風呂猫とは?

​ここでは、「マツコの知らない世界」に登場する、猫写真家・板東寛司さんの経歴や招き猫の世界や風呂猫スタジオについてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事