鶏白湯ラーメン
鶏白湯ラーメン

2021年3月30日放送【セブンルール】に、京都の祇園にある「麺処むらじ」店主の連恭子さんが出演します。ここで、2021年3月30日放送【セブンルール】に出演した、連恭子さんのラーメン店「麺処むらじ」の鶏白湯ラーメンの種類や特徴、お取り寄せについてまとめました。

【セブンルール】麺処むらじ(店主・連恭子)の鶏白湯ラーメンの特徴や種類は?

京都祇園の京町家造りに、連恭子さんのラーメン店「祇園麺処むらじ RAMEN MURAJI KYOTO GION」があります。

シンプルな白い暖簾と格子戸の設えが気品があり、一見和食のお店のような佇まいです。

麺処むらじのラーメンのコンセプトは「女性が喜ぶラーメン」で、食べて罪悪感のないスープです。

麺処むらじの看板メニューは、塩ベースの「鶏白湯ラーメン」です。

麺処むらじの鶏白湯ラーメンは、12時間かけて煮込むコラーゲンたっぷりのスープがです。

自家製麺の太麺とスープとの相性もばっちりで、鶏チャーシューに白髪ねぎと青ねぎ、素揚げごぼうがトッピングされています。

最後の一滴まで飲み干したくなる、濃厚でも後味がすっきりしたスープの味わいは、女性からも支持されています。

鶏白湯ラーメンは、白と黒の2種類があり、白はしつこくない上品な塩味で、黒は醤油と鶏白湯スープが絡みあっています。

人気のサイドメニュー「目の前で混ぜる鉄板チャーハン」で、熱々の鉄板の上に、刻み玉ねぎと丸く盛られたチャーハンがあり、横には溶き卵が添えられています。

溶き卵を鉄板にかけて、素早くかき混ぜ、ふっくら卵チャーハンの完成です。

特製の酒粕を使って、佐々木酒造監修の京野菜を添えた「酒粕ラーメン」、レモンの酸味が爽やかな「檸檬ラーメン」などもあります。

【セブンルール】麺処むらじの鶏白湯ラーメンのお取り寄せ!

麺処むらじの鶏白湯ラーメンは、通信販売でお取り寄せ可能です。

あっさりの鶏白ラーメン、こってりの鶏黒ラーメン、鶏白湯スープと魚介を合わせた「むらじのつけ麺」、檸檬ラーメンが楽しめるセットもありますよ!

麺、スープ、チャーシュー、メンマの具材付きです。

添付のレシピには、麺の茹で方をはじめ、トッピングの素揚げごぼうの作り方も掲載されています。

まとめ:【セブンルール】麺処むらじの鶏白湯ラーメンのお取り寄せ!店主・連恭子さん!3月30日

ここで、2021年3月30日放送【セブンルール】に出演した、連恭子さんのラーメン店「麺処むらじ」の鶏白湯ラーメンの種類や特徴、お取り寄せについてまとめました。

ぜひ参考にしてください!

おすすめの記事