web会議

2020年4月10日放送「めざまし」で、web会議やビデオ会議などで有効な、メイク風加工アプリSnap Camera(スナップカメラ)が紹介されました。ここでは、「めざまし」で紹介された、メイク風加工アプリSnap Camera(スナップカメラ)の特徴についてまとめました。

「めざまし」Snap Camera(スナップカメラ)!メイク風加工アプリですっぴんOK?

ここ最近、自宅で仕事をする所謂「ノマドワーク」(テレワーク、リモートワークなどとも)をされている方がかなり増えています。

リモートミーティングで面倒なのが、顔を作らなければならないところ。

在宅勤務を続けていて最も感じるのは「家から出ないのに化粧するの、面倒くさくない?」問題です。

毎日、取引先各社と「Zoom」や「Google Hangouts Meet」を利用したビデオ会議が多くなってきている方もいますよね!

その問題を解決するのが、Snap Camera(スナップカメラ)です!

Snap Camera(スナップカメラ)のメイクフィルターでナチュラルメイクが実現します。

ズラリと並ぶおもしろフィルターの中に、実用的な「Makeup Cool」というフィルターがあります。

これを使うとあたかも化粧したかのような加工ができるのです。

使い方は簡単です。

2クリックくらいで加工ができ、化粧する時間を省くことができます。

「Snap Camera」を起動した後、ビデオ会議ツールを立ち上げるだけ。「Zoom」でも「Google Hangouts Meet」でも利用できます。

「Snap Camera」にはほかにもメイクフィルターが用意されていますが、「Makeup Cool」が一番ナチュラルで、自然光なら割とナチュラルです。

顔色がパッと明るくなり、アイラインが強調されます。

まとめ:「めざまし」Snap Camera(スナップカメラ)!メイク風加工アプリですっぴんOK?

ここでは、「めざまし」で紹介された、メイク風加工アプリSnap Camera(スナップカメラ)の特徴についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事