流行

2020年2月8日「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」で、アップル社が大好きな9歳がiPhoneの便利機能を紹介しました。ここでは、 アップル社が大好きな9歳の「博士ちゃん」が紹介した、 iPhoneの便利機能 をまとめました。ご参照ください!

「博士ちゃん」iPhoneの便利機能!アップル大好き博士ちゃんとは?

2020年2月8日「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」で、アップル社が大好きな9歳がiPhoneの便利機能を紹介しました。

「大人気スマホ博士9歳」 あのスティーブ・ジョブズをこよなく愛する9歳の博士ちゃんが意外と知らないスグ使える最新スマホ便利機能を教えてくれました!

Apple博士ちゃんは、竹下迪(たけしたみちる)(9歳)ちゃんです。

竹下迪ちゃんは奈良県に住んでいます。

40年前のパソコンから最新の製品まで、世界的デジタル機器メーカー”アップル社”について知りつくし、創業者スティーブ・ジョブズ氏についても研究したそうです。

迪ちゃんはアップル社製品の魅力について、ムダを極限まで省いたスタイリッシュなデザインが最高だと説明しています。

ここでは、 アップル社が大好きな9歳 の「博士ちゃん」が紹介した、 iPhoneの便利機能 を紹介します。

「博士ちゃん」iPhoneの便利機能!計測ができる?

iPhoneやiPadの最新OS「iOS 12」から、標準アプリとして「計測」アプリが搭載されています。

これは、端末のカメラを通して画面に映し出されたモノのサイズを計測するアプリです。

「計測」アプリは、OSをiOS 12にアップデートすると、自動的にインストールされます。

見当たらない場合は「便利ツール」フォルダーに入っているので、そこから起動してください。

起動すると「iPhoneを動かして開始」や「iPhoneを動かして再開」と表示されます。

表示に従って、サイズを測りたいモノを映しながら動かしていると「iPhoneを動かし続けてください」と表示されるのでそのまま継続します。

カメラを動かすことで、計測するモノとその表面の基準となる枠を検知するのです。

検知が終わると、中心に丸印のある円が表示されます。

測ろうとしているモノが四角形だと、外周を囲む黄色い線が表示されて、自動的に計測されます。

そして「+」をタップすると、計測値と面積が表示されます。

さらに、右側にある「◎」をタップすると計測画面が画像として保存されます。

測りたいモノが四角形ではない場合、もしくは四角形と認識されない場合は、円の中心にある丸印を計測の開始位置に合わせて「+」をタップします。

端末をゆっくり動かすと黄色い線が伸びていくので、計測の終了位置まで移動させて、再度「+」をタップし計測さすることができます。

「博士ちゃん」iPhoneの便利機能!写真の検索ができる?

写真アプリというと、一覧かアルバムから目的の写真を探すケースが多いと思われますが、実は検索で簡単に探し出すこともできちゃいます。

検索に際しては、任意のキーワードを入れて探すことができます。

ここで注目したいのは、あらかじめ写真にタグ付けをする必要はないという点です。

一般的なキーワードを入れれば、それを元にAIが全データを対象に検索して自動的に認識、そして分類してます

特殊なキーワードを使わなければ、だいたいの写真を認識できます・

「博士ちゃん」iPhoneの便利機能!Flyoverとは?

Flyoverとは、iPhoneのマップアプリに搭載されている機能で、バーチャルビューで都市やランドマークを眺めることができます。

Flyoverには、各都市ごとにツアーも用意されており、自動で各都市のランドマークを眺めることもできます。

1.iPhoneの「ホーム」画面を開き、「マップアプリ」をタップします。

2. 「マップアプリ」を開いたら、「検索バー」に「Flyoverで利用したい都市名」を入力します。

3.画面左下の「Flyover」をタップします。すると見たい都市の街をバーチャルビューで眺めることができます。

4.iPhoneを動かすと、視点が変化します。

5.指でドラッグすると、視点の位置を移動させることができます。空を飛んでいる鳥のように、見たい都市の街を眺めることができます。

まとめ:「博士ちゃん」iPhoneの便利機能!アップル社が大好きな9歳が紹介!

ここでは、 アップル社が大好きな9歳 の「博士ちゃん」が紹介した、 iPhoneの便利機能 をまとめました。

それにしても、 、竹下迪(9歳)ちゃん はすごいですね。驚きです!

iPhoneの便利機能、ぜひご活用ください!

おすすめの記事