アイデア

2020年4月26日放送「情熱大陸」にて、小説家の田丸雅智さんのアイデアの発送やショートショートの書き方講座などが紹介されます。ここでは、「情熱大陸」に登場する田丸雅智さんのプロフィール・経歴・おすすめの作品やショートショートの書き方講座などについてまとめました。

小説家・田丸雅智さんが「情熱大陸」に出演!

2020年4月26日放送「情熱大陸」にて、小説家の田丸雅智さんのアイデアの発送やショートショートの書き方講座などが紹介されます。

「ショートショート」とは星新一作品どで知られる、「短くて」「不思議で」「印象的な結末がある」小説のことです。

現代では田丸雅智さんがその第一人者といわれます。

1987年生まれの田丸雅智さんは、2011年に作家デビューし、シリーズ累計280万部を超えるショートショートのアンソロジー集「5分後に意外な結末」への作品提供を機に、その名を世に知らしめました。

代表作「海酒」は田丸ファンの又吉直樹主演で短編映画化された他、「大根侍」は浜辺美波主演で「世にも奇妙な物語’19 雨の特別編」(フジテレビ系)の1作品として放送されました。

番組では小学生をターゲットにした新刊の執筆シーンを取材し、自宅のリビングで愛猫の様子をうかがいながら、読み手がハッとするようなアイデアを練るユーモラスな姿が映し出されます。

思いついた単語を書き留めていきます。

活動は執筆にとどまらず、参加者全員が90分で短い物語を作る「ショートショートの書き方講座」を全国各地で開催中です。

ショートショートの可能性を最大化すべく、日々空想を巡らせる田丸さんの多彩な活動が紹介さるそうです。

ここでは、「情熱大陸」に登場する田丸雅智さんのプロフィール・経歴・おすすめの作品やショートショートの書き方講座などについてまとめました。

「情熱大陸」ショートショートの第一人者・田丸雅智さんのプロフィールや経歴は?

生年:1987年12月22日

出身地:愛媛県松山市

学歴:東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒

工学部とは、意外な学歴ですね。

今でも、田丸さんは、当時の東京大学工学の学友と交流があります。

居酒屋で一緒に飲んでいる様子が放映されていました。

田丸さんは、松山市の海沿いの町に生まれ、ご両親は教師でした。

大学時代、自動車の軽量化、特に軽量化した車の修理について研究をしてましたが、文学、音楽にも大変興味があったそうです。

高校時代から小説は書き始めていて、自分で作品を小冊子にして配布していたそうです。

2011年12月『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載されデビューします。

2012年3月には、「樹立社ショートショートコンテスト」で「海酒」が最優秀賞受賞しました。

この「海酒」は、単行本「海色の壜」に収録されています。

この「海酒」は、2016年にピース・又吉直樹さん主演の短編映画となり、カンヌ国際映画祭など多数の映画祭で上映されました。

2018年、NHK1.5ch「宇宙ショートショート絵巻」が第21回文化庁メディア芸術祭「エンターテインメント部門」で審査委員会推薦作品を受賞しました。

また、2019年には、初期の作品である「大根侍」が「世にも奇妙な物語 ‘19雨の特別編」で、浜辺美波さんと小手伸也さん主演でテレビドラマ化されました。

大根侍」は単行本「夢巻」に収録されています。

田丸さんは、日本のショート・ショートの開祖である星新一さんの「唯一の後継者」とした江坂遊さんが認めた作家でもあります。

代表作は他にも、「おとぎカンパニー」シリーズがあります。

私達になじみの深い「桃太郎」や「浦島太郎」「一寸法師」、「白雪姫」や「赤ずきん」が、現代にアレンジされたショートショートです。

他にも数多くの単行本が刊行されていますが、どの本から入っても、田丸雅智さんならではの作品世界に、あっという間に引き込まれます。

また、田丸雅智さんは現在、作家としても活躍するかたわら、電通Bチームの社員も勤めています。

電通のBチームは、会社以外の一面(B面)を持つ社員が集まり、新しいコンセプトを作るために結成されたチームです。

作家、電通社員として活躍する田丸雅智さんは、2020年度には国語教科書にも作品が採用されたことで話題になりました。

「情熱大陸」ショートショートの第一人者・田丸雅智さんのおすすめの作品は?

『夢巻』

久しぶりに再会した古い友人と入ったシガーバーで、差し出された葉巻を口にしたら、子どもの頃の光景がよみがえってくるという「夢巻」の他、田丸雅智のショートショートが20本収録されています。

意外性があって、シュールな作品が多いです。

『夢巻』は読みやすく、パターンも豊富やし、本好きにもそうでない人にもおすすめの書籍ですと、又吉直樹さんもおすすめしています。

「蜻蛉玉」、「星を探して」など、ショートショート特有の奇抜な設定と印象的なオチはもちろん、日本情緒あふれる美しい言葉選びや情景描写が絶妙です。

『ショートショート千夜一夜』

名作、アラビアンナイトを思い出すタイトルの田丸雅智作品です。

ゴロツキどもが欲しいと念じたものが出てくる、というヒモくじ屋で引いたヒモの先についていたものはいったいなんだったのかが描かれる「ヒモくじ屋」を含め、多魔坂神社に集まる怪しげな屋台や蚤の市、祭りなどを描いた田丸雅智のショートショート20本が収録されています。

恐怖、笑い、郷愁、恋、シュールが織り込まれています。

『家族スクランブル』

「分身ができる」という石鹸を妻が持ってきました。

できた妻の「分身」たちは正反対の性格を持っていてアドバイスをくれるので、どちらの意見を採用するかを決めればいいというものらしい。

夫は、妻とそのふたりの分身と暮らしはじめるのですが、まもなく分身たちは本体である妻の行動に干渉をしはじめるようになる内容の「白妻、黒妻」のほか、「吸血木」などの18作が収録された、田丸雅智のショートショート集です。

ほんわかしたり、ぞくっとしたり、多種多様なお話が詰まっています。

「情熱大陸」田丸雅智さんのショートショートの書き方講座とは?

ショートショートの書き方講座は、教育出版の小学4年生の国語教科書に採用されています。

田丸雅智さんが大事にしていることは、楽しむことです。

ショートショートが持っている力は、何かの光となりうると、田村さんは語っています。

田丸雅智さんは、数年前から実際に「ショートショートの書き方講座」を開催しているのです。

都内のブックカフェを舞台でも開催されています。

全国津々浦々、小学生からシニア、各地の少年院まで、今までの参加者数は2万人以上というから驚きですよね。

田丸雅智さんのショートショートの書き方講座は、小学生からシニアまで幅広い層が対象です。

参加者は一般人だけではなく、文学賞の受賞者や、プロの作家も多数受講しているということです。

受講者の中には、プロの作家も輩出されたそうです。

ショートショートは、小説の基本でありながら、短編なだけにストーリー作りの力量が試される、難しい面もあります。

プロ中のプロのショートショート作家である田丸雅智さんから学ぶことによって、かなり勉強になるんでしょう。

田丸雅智さんは最近、新型コロナウィルス感染防止の為に休校になっている子ども達のために、Zoomによるオンラインでの「ショートショートの書き方講座」を開催しました。

ショートショートの書き方講座

”講座内で、原稿用紙1~3枚程度の短くて不思議な小説「超ショートショート」のアイデア発想から作品完成までを行います。
小説の創作を通し、楽しみながら「発想力」「論理的思考力」「文章力」「コミュニケーション能力」の育成を目指します。

田丸雅智公式サイトより引用”

おすすめの人数は20から60名での受講のようですが、数百人の団体でも教えてもらえるようです。

田丸式メソッドのワークシートは公式サイトにて無料公開されています。

思いついた名詞から、発想を広げていきます。

ショートショート作家の田丸雅智が行う「超・発想力」講座の詳細です。

日時:2020年5月6日(水)14:00~15:30

場所:オンライン配信

受講料:2,000円+tax

締め切り:5月4日(月)12:00

申し込み方法:上のTwitterを開くと「チケットを申し込む」と書いてある黄色いボタンが右側に出てくるので、そちらをクリック!

参加方法:Zoomを使用。申し込みすると、後日配信URLが送られてきます。

まとめ:「情熱大陸」田丸雅智・ショートショート作家の書き方講座やおすすめ作品とは?

ここでは、「情熱大陸」に登場する田丸雅智さんのプロフィール・経歴・おすすめの作品やショートショートの書き方講座などについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事