iPhone

2020年3月3日放送「教えてもらう前と後」で、疲れ目を10秒で改善するエクササイズが紹介されました。新型コロナ不安、家にいる時間が増えて、今まで以上に、スマホやパソコンを見ていませんか?新しい疲れ目、デジタル眼精疲労とはなんでしょうか?ここでは、「教えてもらう前と後」で説明されたデジタル眼精疲労や疲れ目を10秒で改善するエクササイズついてまとめました。

「教えてもらう前と後」疲れ目をたった10秒で改善?

2020年3月3日放送「教えてもらう前と後」で、疲れ目を10秒で改善するエクササイズが紹介されました。

教えてくれるのは、年間5000人以上を診察する、予約の取れないドクター、吉祥寺森岡眼科の森岡清史先生です。

新しい疲れ目、デジタル眼精疲労が、たった10秒で改善?

新型コロナウイルス不安で外出を控え、今まで以上に、スマホやパソコンを見る時間が増えてはいませんか?デジタル機器の使用過多で、眼の疲れは限界に…99%以上の人がなってるとも言われる「デジタル眼精疲労」とはなんでしょうか?

たった10秒でツライ症状を緩和する簡単なエクササイズとは?

ここでは、「教えてもらう前と後」で説明されたデジタル眼精疲労や疲れ目を10秒で改善するエクササイズついてまとめました。

「教えてもらう前と後」 スマホやパソコンによるデジタル眼精疲労とは?

 新しい疲れ目、デジタル眼精疲労の度合いが高い人は、暗闇で2-3m離れ、フラッシュ撮影で、「赤眼にならない」人です。

赤眼は、眼の網膜に光が反射して起こります。

デジタル眼精疲労の強い人は、瞳孔の筋肉が披露し、光が眼底まで届かないため、赤眼になりにくいのです。つまり、フラッシュ撮影で、赤眼じゃない人は危険です!

そこで、すぐ出来る!新しい疲れ目、デジタル眼精疲労の3つの撃退法

デジタル眼精疲労の人が見るべき空は、「雲のかかった空」です。

雲ひとつない青空は、ブルーライト(パソコンなどから出ている)がたくさん出ていて、眼精疲労を悪化させます。

目の疲れは、冷やしてから温めるとよいです。こうすると、筋肉がほぐれ、血行がよくなります。

入浴時、冷蔵庫で冷やしたタオルを目に当てて1分間。その後、湯船の中でタオルを温め、眼に当てて3分間。これで眼精疲労緩和が期待できます。

「教えてもらう前と後」 超簡単!疲れ目を10秒で改善する歯ブラシエクササイズ とは?

歯ブラシの持ち手の柄の先を、こめかみのくぼみに当てて、10秒位強めに回す歯ブラシエクササイズです。

①歯ブラシを逆さに持ちます

②それをこめかみのくぼみに当てます

③くぼみを少し強めに10秒刺激します。これを左右両方行います。

指でやってもOKですが、ベストな感触は、歯ブラシだそうです。

1日1回、歯磨きの後などに、1回行えばOK。

イタ気持ちよいくらいの強さで行うと、眼の周りの血流が良くなり、筋肉がほぐれます。

この歯ブラシエクササイズで、デジタル眼精疲労を撃退しましょう!

まとめ:「教えてもらう前と後」疲れ目を10秒で改善するエクササイズ?デジタル眼精疲労?

ここでは、「教えてもらう前と後」で説明されたデジタル眼精疲労や疲れ目を10秒で改善するエクササイズついてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事