【世界一受けたい授業】運動脳で記憶力・集中力・ストレスの解決法は?アンデシュ・ハンセンが伝授!
運動脳

2023年1月21日放送【世界一受けたい授業】で、アンデシュ・ハンセン先生が、運動脳で記憶力低下・集中力低下・ストレスを解決する方法を紹介しました。ここでは、1月21日放送【世界一受けたい授業】でアンデシュ・ハンセン先生が紹介した、運動脳で記憶力低下・集中力低下・ストレスを解決する方法、デュアルタスクもも上げや腰振り風船割り運動のやり方についてまとめました。

【世界一受けたい授業】記憶力の低下の防ぎ方は?

記憶力は、脳の海馬が関わります。

座る時間が長ければ長いほど、海馬がある側頭葉が小さくなるそうです。

運動して海馬が発達することにより、記憶力を上げる効果があります。

ストレッチより、週3回早歩きの方が有効です。

ウォーキングすることにより、海馬の血流が増加し、海馬が刺激され、側頭葉が大きくなるそうです。

【世界一受けたい授業】記憶力UPにおすすめ・デュアルタスクもも上げのやり方は?

1.ももを高く上げ、その場で足踏みします。

2.もも上げをしながら、体のパートを順番にタッチします。伸ばした手の甲・ひじ・肩・逆の方・伸ばした手の方の耳・逆の耳、最後は太ももを2回タッチします。

3.左右交互に2を一分間続けましょう!

【世界一受けたい授業】集中力低下の防ぎ方は?

こちらも、運動することが集中力低下を防ぎます。

5分間体を動かしただけで、集中力がアップします。

10分~15分の早歩きも有効です。

【世界一受けたい授業】ストレスに負けない脳にするには?

ストレスによる、頭痛・めまい・難聴があります。

有酸素運動により、解消できるそうです。

ストレス抑制する働きがあるのが前頭葉で、ストレスで偏桃体が刺激されると、ストレスホルモンのコルチゾールが発生するのですが、これを抑えます。

【世界一受けたい授業】ストレス抑制・腰振り風船割り運動とは?

1.足を肩幅に開いて、膝をゆるめます。

2,手をグーにして上に上げ、横の風船を素早く割るイメージで腰をふります。

3.1分間続けて行います。

前頭葉の血流がアップします。

まとめ:【世界一受けたい授業】運動脳で記憶力・集中力・ストレスの解決法は?アンデシュ・ハンセンが伝授!

ここでは、1月21日放送【世界一受けたい授業】でアンデシュ・ハンセン先生が紹介した、運動脳で記憶力低下・集中力低下・ストレスを解決する方法、デュアルタスクもも上げや腰振り風船割り運動のやり方についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

関連キーワード
おすすめの記事