怒り

2020年2月19日放送「あさイチ」に、怒らない方法アンガーマネージメントを全国で教えている栗原加代美さんが出演します。ここでは、「あさイチ」 に出演する栗原加代美さんの怒らない方法アンガーマネージメントの一部をまとめました。

栗原加代美さんが「あさイチ」に出演!活動や理念は?

栗原加代美さんは、NPO法人「女性・人権支援センター ステップ」理事長です。

栗原加代美さんは、DV(ドメスティックバイオレンス)の加害者を更生するプログラムに取り組んでおり、怒りをコントロールする「アンガーマネンジメント」を全国各地で伝えています。

被害者女性たちと活動を通して向き合っていく中で、「加害者が変わらなければ新たな被害者が出てしまう。根本的な問題解決にならない」と感じ、2011年にDV加害者の更生プログラムを始めました。

「DVの被害者を守るだけでは、根本的な解決にならない。加害者を更生しなくては、新たな被害者が出てしまう」と訴えます。

加害者との対話を繰り返しながら、怒りを生み出さない実践的な方法を全国各地で伝えています。

壊れてしまった家庭が修復し、幸せを取り戻すことを見ることが生きがいだと語ります。

栗原加代美さんは、加害者が変化し、被害者の傷が癒えていく。そんな瞬間を何度も見届けてきたそうです。

栗原加代美が「あさイチ」に出演! マイナス思考ではなくプラス思考で?

栗原加代美さんは、 怒りは理想と現実のギャップが生じた時に生まれること説明します。

「相手が悪いとばかり思わずに、良い所を探してみよう」と呼びかけています。

また、マイナス思考で物事を考えるのではなく、プラス思考で物事を考えると、怒りを消すことができると伝えます。

例として、 栗原加代美さんの孫が高価な絨毯に落書きをした際の考え方を示したことがあります。「『絨毯が汚れてしまった』とマイナスに考えるのではなく、『孫が絵を描けるくらい成長した』と捉えることが重要です。

「孫の成長の記録を毎日見ることができるとプラスに思えば怒りも消える」とプラス思考への考え方を説明されています。

栗原加代美が「あさイチ」に出演!あいづちで変わる?

栗原加代美さんは、 あいづちで人間関係が変わると話されています。

「だめだ」「だから?」「でもさ」「どうせ」などダ行で始まる言葉であいづちをするのではなく、「そうなんだね」「さすが」「その通り」「知らなかった」「素晴らしいね」「それで?」などサ行から始まる言葉であいづちをする円滑な人間関係が築ける際に重要とのことです

栗原加代美さんは、あいづちひとつ変えるだけでも人間関係は上手くいくので実践してほしいと強調しています。

まとめ:栗原加代美が「あさイチ」に出演!怒らない方法アンガーマネージメントとは?

ここでは、「あさイチ」 に出演する栗原加代美さんの怒らない方法アンガーマネンジメントの一部をまとめました。

ぜひ参考にしてください!

おすすめの記事