キャベツ

2020年3月15日放送「健康カプセル!ゲンキの時間」では、春キャベツの 美肌効果などの健康効果や効果を高める食べ方が紹介されました。ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 春キャベツの健康効果(抗酸化力・抗がん作用・肝機能効果)や効果を高める食べ方をまとめました。

「ゲンキの時間」 春キャベツの健康効果や効果を高める食べ方を産地でリサーチ!

2020年3月15日放送「健康カプセル!ゲンキの時間」では、春キャベツの美肌効果などの健康効果や効果を高める食べ方が紹介されました。

健康効果が高いと言われる「春キャベツ」

美肌効果!春キャベツの外側の葉を捨ててはダメな理由とは?

春キャベツ ・強い抗酸化力&メラニンの生成を防ぐ「ビタミンC」 ・抗がん作用「イソチオシアネート」 ・胃を守る&肝機能の回復「S-メチル・メチオニン」?

ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 春キャベツの健康効果(抗酸化力・抗がん作用・肝機能効果)や効果を高める食べ方をまとめました。

「ゲンキの時間」春キャベツの健康効果は?

春キャベツは、ビタミンCが豊富で、 強い抗酸化力&メラニンの生成を防ぎ美肌効果があります。

しみを健康な肌に戻したりする効果もあります。

β-カロチンには、新陳代謝を活発化し美肌効果があります。

キャベツには、S-メチル・メチオニンが含まれていて、胃酸分泌抑制・肝機能回復・胃腸粘膜保護などの作用があります。

天然の胃腸薬です。

「ゲンキの時間」 春キャベツの健康効果を高める食べ方は?

ビタミンCは、キャベツの外葉は約50mg、内葉は約36~37mgです。

キャベツの外葉を捨てないで、活用するのが重要です。

柔らかい上の葉は、サラダなどの生食に、硬い下の葉は加熱処理します。

キャベツは、切って細胞が壊れることでイソチオシアネートと言う成分がでます。

イソチオシアネートの成分の効果が抗がん作用です。

イソチオシアネートを摂っている人といない人で、がんの発生リスクが40%違うという研究成果もあります。

キャベツは細かく刻んだ方が健康効果が高いです。

また、キャベツはよく噛むことにより健康効果が高まります。

良いキャベツの見分け方は、葉の色が紫色のを選んだほういいです。

紫色の葉は、栄養が蓄えられている証拠です。

「ゲンキの時間」春キャベツの塩昆布の和え物のレシピ

材料

キャベツ外葉 8枚

塩昆布 30g

作り方

1.キャベツの外側の葉を太めに千切りします。(キャベツの千切りは水にさらしません。ビタミンCがもれてしまいます。)

2.袋に春キャベツと塩昆布を入れてシェイクして完成です。

「ゲンキの時間」キャベツたっぷりコロッケ(キャベコロ)のレシピ

材料

キャベツ 1/2個

オリーブオイル

豚ひき肉 100g

オリーブ油 適量

小麦粉 適量

牛乳 大さじ1

溶き卵 1個

カレー粉 小さじ1

パン粉 適量

揚げ油 適量

作り方

1.キャベツを千切りにします。(キャベツを細かく刻み、健康効果を高めます。)

2.フライパンを火にかけ、オリーブオイルでキャベツをさっと炒めます。

3.炒めたキャベツのあら熱がとれたら、豚ひき肉・オリーブオイル・小麦粉・牛乳・溶き卵と混ぜ合わせます。

4.カレー粉と塩・コショウで味を加え、丸めてパン粉をつけて油で揚げます。

5.長に盛り付けて完成です。

胃もたれしやすい人にもおすすめです。

キャペツと油の組み合わせは、胃を優しく保護します。

まとめ:「ゲンキの時間」春キャベツの健康効果?効果を高める食べ方(レシピ)は?

ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 春キャベツの健康効果(抗酸化力・抗がん作用・肝機能効果)や効果を高める食べ方をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事