五塔熱子・熱波師のプロフィールや経歴は?世界大会や鳥取サウナ促進活動とは?【セブンルール】
五塔熱子

2022年12月20日放送【セブンルール】に出演する熱波師・五塔熱子さんのプロフィールや経歴、世界大会の事績、鳥取サウナ促進活動等気になりますよね。ここでは、12月20日放送【セブンルール】に出演する熱波師・五塔熱子さんのプロフィールや経歴、世界大会の実績、とっとりサウナツーリズム等鳥取サウナ促進活動について紹介します。

五塔熱子さん・熱波師のプロフィールや経歴は?

最近は、サウナブームがですね。

ココロと体を整えることができるサウナは、現代人にとっては必要なリフレッシュ方法かもしれません。

そんなサウナで空気を撹拌して利用者に熱風を送る熱波師をご存知でしょうか?

世界大会にも出場された、五塔熱子さんをご紹介します。

2022年12月20日放送【セブンルール】にも、五塔熱子さんは出演されます。

五塔熱子さんは、本名は石黒明日香さんで、横浜生まれの女性です。

プロの熱波師として各地で活躍し、2020年に「サウナ・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、2021年に鳥取県がサウナをテーマとした旅のPRに努める「とっとりサウナCEA(最高経営熱波師)」に任命されました。

五塔熱子さんは、学生時代はバレーボールなどスポーツに打ち込み、高校卒業後「人を癒やす仕事がしたい」とリラクゼーション関連の会社に入社します。

店長だった25歳のころ温浴施設で熱波師の仕事を始めたそうです。

当初は見様見真似だったが、「より強い風を送るのにはどの角度がいいか」などを研究して、国内先進地の一つである山梨県でも修行をし、技を磨き、各地の催し物に招かれるようになったそうです。

体や健康についてもっと深く学びたいと、2016年に埼玉県立大学保健医療福祉学部に入学し、理学療法の知識も得て、技術も学ばれました。

熱波師に対する五塔熱子さんの情熱が感じられますね。

知人が鳥取県琴浦町でフィンランド式のサウナをプロデュースしたことを知り、活動拠点を鳥取県に移します。

琴浦町地域おこし協力隊にも就任し、地域でサウナの体験会を開いたり、町の魅力を全国にPRしています。

五塔熱子さん・熱波師の世界大会の内容や実績は?

熱波師の世界大会があることをご存知でしょうか?

アウフグースとは、サウナストーブにお水をかけて発生した蒸気をタオルやうちわなどで撹拌して湿度を一定にすることで体感温度を上げて、発汗促進するためのイベントを言います。

タオルなどで空気を撹拌する人のことをアウフギーサーと言い、日本では熱波師と言います。

世界大会では、15分以内に自分の演目を演じきるという大会になります。

タオルを扇ぐだけではなく、回したり投げたりとタオルさばきも見て楽しめるところが魅力なようです。

五塔熱子さんは、世界大会で「八岐大蛇(やまたのおろち)」をテーマとした個人戦では28位に終わりましたが、音楽とアロマだけの演出で競うフリースタイルでは3位に食い込みました。

会場に一体感を生んだことが高い評価を受けました。

五塔熱子さん・熱波師の鳥取サウナ促進活動は?とっとりサウナツーリズムとは?

五塔熱子さんは、鳥取県がサウナをテーマと旅のPRに努める「とっとりサウナCEA」に任命されています。

鳥取では、サウナーたち自身によるイベントの企画を手掛けたり、鳥取サウナ旅のモデルコースの紹介などをしています。

移動式のテントサウナを設置し、清流を楽しむなどの斬新な企画も手掛けています。

とっとりサウナツーリズムでは、ラドン温泉やプライベートサウナなどを周ることができ、観光もしながらグルメも楽しめるツアーの企画をされています。

サウナでだけではなく、鳥取の魅力を感じることができます。

五塔熱子さんは、「旅行者が地域のファンになり、その後もコミュニケーションが継続できるような関係人口の創出に取り組んでいきたい」と熱く語っており、アウトドアツーリズムの開拓に向け、日々力強く前進しています。

まとめ:五塔熱子・熱波師のプロフィールや経歴は?世界大会や鳥取サウナ促進活動とは?【セブンルール】

ここでは、12月20日放送【セブンルール】に出演する熱波師・五塔熱子さんのプロフィールや経歴、世界大会の実績、とっとりサウナツーリズム等鳥取サウナ促進活動について紹介しました。

鳥取県琴浦町から日本のサウナを盛り上げる、五塔熱子さんの益々のご活躍を期待しましょう!

関連キーワード
おすすめの記事