パリ

2020年3月6日放送「アナザースカイ」で 、13年連続でミシュラン三ツ星を獲得したカンテサンスの岸田周三さんがパリを訪れ、師匠と再会します。ここでは、「アナザースカイ」 に登場した 岸田周三さんプロフィール・経歴やカンテサンスの場所や営業時間をまとめました。

岸田周三シェフ(カンテサンス)がアナザースカイに登場!パリで師匠と再会?

2020年3月6日放送「アナザースカイ」で 、13年連続でミシュラン三ツ星を獲得したカンテサンスの岸田周三さんがパリを訪れ、師匠と再会します。

ドラマ『グランメゾン東京』で、木村拓哉さんが演じる尾花夏樹の料理監修をしていた北品川にある「カンテサンス」のオーナーシェフの岸田周三シェフ。

13年連続で三ツ星を獲得している天才シェフです。

三つ星シェフ岸田周三自身の原点パリへ!修行を積んだ想い出の場所を巡ります!

お世話になった師匠に再会します。

13年連続三つ星カンテサンスの味にMCの今田さんが感動します。

ここでは、「アナザースカイ」 に登場した 岸田周三さんプロフィール・経歴やカンテサンスの場所や営業時間をまとめました。

岸田周三シェフ(カンテサンス)がアナザースカイに登場! プロフィールは?

岸田周三シェフのプロフィール

生年月日:1974年8月8日

年齢:45歳

出身地:東京都町田市

北品川にある「カンテサンス」というレストランのオーナーシェフです。

木村拓哉さん主演の「グランメゾン東京」で料理の監修をされたことでも話題になりました。

「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちで、ドラマの料理監修のお仕事を引き受けたそうです。

結果として、監修された料理が大きな話題になりました!

岸田周三シェフ(カンテサンス)がアナザースカイに登場! 経歴は?

岸田周三さんは、生まれは東京都町田市です。

幼少期のほとんどは愛知県豊明市で生活をされていたため、愛知県出身と記されていることもあるようです。

ご自身のお店である「Quintessence(カンテサンス)」32歳の時にオープンしました。

1993  三重県、志摩観光ホテル「ラ・メール」入社

1996  東京都渋谷区のレストラン「カーエム」入社

2000  渡仏。数軒のレストランで修業

2003  パリの「アストランス」で、シェフのパスカル・バルボに師事

2004 「アストランス」にてシェフに次ぐポジションのスーシェフに就任

2005  スペインのサン・セバスチャンで開かれた、料理界でもっとも権威のあるガルシア・サントス主催の学会<LoMejor de la Gastronomia>に招かれ、パスカル・バルボシェフと共にデモンストレーションを披露。その後「アストランス」を退社して、帰国
2006  「レストラン カンテサンス」オープン

2007 11月 「ミシュランガイド東京 2008」で三ツ星を獲得

2011  運営会社の株式会社グラナダから独立し、オーナーシェフとなる。

2013  品川区北品川へ移転

岸田周三さん、店をオープン時は、資金がなかったため資金調達は株式会社グラナダに援助してもらい、念願かなって夢である自身のお店をオープンしました。

岸田周三さん、料理に興味を持ったきっかけは「お母さんのお手伝い」だそうです。

料理をすることで、お母さんを喜ばせたかったからで、とにかくお母さんが喜ぶ顔を見たくて料理を手伝っていたそうです。

そんな、お母さんが喜ぶから始めた料理ですが、中学生の頃にはすでに夢は決まっており、本格的に料理の道へ進むこと、フランス料理のシェフになるということを心にきめていたそうえす。

中学卒業後は夢をかなえるべく高校も料理科がある高校に進学。

卒業後は地方でフランス料理店の料理人とし腕をあげていき、大きな人生の転機となるべく志摩観光ホテルのレストラン「ラ・メール」に入社しました。

志摩観光ホテルは、「伊勢志摩サミット」で利用されたホテルでもあります。

同期が途中で次々と挫折していくそんな中、夢であるフランス料理で独立という夢を叶えるべく岸田周三さんは、4年間フランス料理を基礎から学び続けました。

1996年に東京都渋谷区の「カーエム」というフランス料理店に転職します。

「カーエム」の料理長である宮代さんは、料理に対するこだわりが強く、ここでもフランス料理人としての腕を相当磨かれたそうです。

「カーエム」は当時、続くことができればどこに行っても通用するとフランス料理人の間では言われていたそうです。

現場は厳しく毎週人が入れ替わるという環境だったそうですが、岸田周三さんは、持ち前の粘り強さで料理長の宮代さんの信頼を獲得し、フランスに行く意思を告げるもその腕前に惚れこまれ引き止められたそうです。

岸田周三さん、フランスでまず初めて選んだ修行場であるお店は居酒屋のようなお店からスタートしました。

徐々にレベルの高いレストランに転職していき、2003年にはパリ16区の「アストランス」という3ツ星レストランに入ることができました。

「アストランス」でもシェフのパスカル・バルボさんに気に入られた岸田周三さんは、翌年には、シェフの次にくるスーシェフというポジションも任されるほどでした。

2005年には、スペインで開催された、料理界で最も権威のあるガルシア・サントス主催の学会(LoMejor de la Gastronomia)に招待されて、パスカル・バルボさんとデモンストレーションを披露するなど、フランスの料理界でも一目置かれる存在になっていたそうです。

「アストランス」で2年間働き日本に帰国しました。

そして、念願の夢である自分のお店をオープンしたのです。

そして、2008年、当時33歳という若さでミシュランの三ツ星を獲得しました。「

「アナザースカイ」岸田周三シェフの場所や営業時間は?

住所 東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F

電話 03-6277-0090

アクセス
京浜急行電鉄 本線「北品川駅」高輪口より、徒歩5分
JR山手線・京浜東北線・東海道線・上野東京ライン・横須賀線・東海道新幹線「品川駅」高輪口より、徒歩10分
京浜急行電鉄 本線「品川駅」高輪口より、徒歩10分
北品川駅から595m

営業時間
【2部制】
・17時〜20時
・20時30分~23時30分

定休日 日曜日中心に月6日、年末年始、夏期休暇

まとめ:岸田周三(カンテサンス)がアナザースカイでパリへ!師匠と再会?

ここでは、「アナザースカイ」 に登場した 岸田周三さんプロフィール・経歴やカンテサンスの場所や営業時間をまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事