グラタン

2020年5月12日放送「プロフェッショナル」にて、ミシュラン三ツ星のカンテサンスのフレンチシェフ・岸田周三が、じゃがいもグラタンのレシピを紹介しました。ここでは、「プロフェッショナル」にて紹介された、フレンチシェフ・岸田周三のじゃがいもグラタンのレシピについてまとました。おうちでフレンチです!

「プロフェッショナル」三ツ星フレンチシェフ・岸田周三のじゃがいもグラタンのレシピ!

材料

ニンニク: 2片

バター : 30g

ほうれん草: 1束

ジャガイモ: 7~8個

塩: 適量

牛乳: 150g

生クリーム35%: 200g

コンテチーズ: 120〜150g (無ければ、ピザ用チーズなどどんなチーズでも大丈夫です。)

ピスタチオ; 50g

魚介類や鶏肉、キノコなどを加えると豪華になります。

焼いたお肉などをのせるのもおすすめです。

作り方

1.ニンニクをみじん切りにして、鍋に入れます。

2.バターを切って、ニンニクを一番弱火で、色がつかない程度に炒めます。

ポイント:バターを切るときは包装紙ごと切り、切断面をきれいにラップすると酸化を防ぐことができます。バターは酸化しやすいです。

3.ジャガイモの皮をむいてスライスして、数十秒流水にさらします。

ポイント:でんぷん質を洗い落とすと、でき上がったときにジャガイモが重くならないそうです。

4.ほうれん草を炒め、鍋の底に敷き詰めます。

ポイント:冷凍のほうれん草でも栄養価は、ほぼ変わりないです。ホウレン草を鍋の底に敷き詰めると、ジャガイモがこびりつかず洗い物が楽になります。

5.ジャガイモに塩を振り、全体になじむようにします。

ポイント:後に加えるチーズの塩分を逆算して、塩の量を決めます。

6.ジャガイモをホウレン草の上に敷きます。

ポイント:キノコ・鶏肉・魚介類を加えると、よりメインディッシュに近くなります。

7.ピスタチオをのせ、牛乳・生クリームも加えます。

ポイント:ピスタチオの堅い殻は取り除き、薄皮はそのでもOKです。

8.チーズをかけて、オーブンに入れます。250℃で、50分~1時間焼いて完成です。

ポイント:オーブンによってかなり差が出るので、焼き加減はジャガイモに竹串がスッと入るかを目安にしてください。

「プロフェッショナル」 岸田周三シェフ(カンテサンス)のプロフィールは?

岸田周三シェフのプロフィール

生年月日:1974年8月8日

年齢:45歳

出身地:東京都町田市

北品川にある「カンテサンス」というレストランのオーナーシェフです。

木村拓哉さん主演の「グランメゾン東京」で料理の監修をされたことでも話題になりました。

「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちで、ドラマの料理監修のお仕事を引き受けたそうです。

結果として、監修された料理が大きな話題になりました!

「プロフェッショナル」岸田周三シェフのカンテサンスの場所や営業時間は?

住所 東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F

電話 03-6277-0090

アクセス
京浜急行電鉄 本線「北品川駅」高輪口より、徒歩5分
JR山手線・京浜東北線・東海道線・上野東京ライン・横須賀線・東海道新幹線「品川駅」高輪口より、徒歩10分
京浜急行電鉄 本線「品川駅」高輪口より、徒歩10分
北品川駅から595m

営業時間
【2部制】
・17時〜20時
・20時30分~23時30分

定休日 日曜日中心に月6日、年末年始、夏期休暇

まとめ:「プロフェッショナル」岸田周三のじゃがいもグラタンのレシピ!三ツ星フレンチシェフ!

ここでは、「プロフェッショナル」にて紹介された、カンテサンスのフレンチシェフ・岸田周三のじゃがいもグラタンのレシピについてまとました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事