豚ソース

2020年4月14日放送「林修の今でしょ!講座」では、「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材にて、豚肉の栄養や免疫効果やレシピが紹介されました。ここでは、「林修の今でしょ!講座」では、豚肉の栄養や免疫効果やレシピについてまとめました。

「林修の今でしょ!講座」豚肉の栄養や免疫力アップの効果とは?

2020年4月14日放送「林修の今でしょ!講座」では、「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材にて、豚肉の栄養や免疫効果やレシピが紹介されました。

「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材はどちらでしょうか?

「豚肉」には体のボディーガードの役目をするBG細胞が豊富?

木村拓哉さんも驚いたスゴい栄養素とは?

更に沖縄県の健康長寿が食べている秘伝の豚肉レシピも紹介されます!

教えてくれるのは、医薬基盤の國澤純先生です。

ここでは、「林修の今でしょ!講座」では、豚肉の栄養や免疫効果やレシピについてまとめました。

「林修の今でしょ!講座」豚肉に豊富なBG細胞とは?

丈夫な体をつくるには、体内のボディーガード免疫細胞(BG細胞)が大切となります。

豚肉には、免疫力をアップさせるビタミンB1が豊富に入っています

食品の中で、ビタミンB1が最も多く含んでいるのが豚肉なのです。

豚肉は、鶏肉の10倍入っています。

免疫細胞の約6割が腸にあります。

ビタミンB1は、免疫細胞にとって重要な栄養素になります。

豚肉のビタミンB1は、ニンニクと一緒にとると吸収率がアップします。

ニンニクのアリシンが、豚肉のビタミンB1の吸収を10倍高めてくれます。

また、ビタミンB1は記憶力低下を予防する役割をもちます。

ビタミンB1は、神経細胞が死んでいくのを防ぎます。

そして、ビタミンB1は、エネルギー補給効果があります。

豚肉料理とオレンジジュースを一生にとると、エネルギー補給効果が高まります。

クエン酸が豊富な豚肉料理は、酢豚です。

「林修の今でしょ!講座」豚肉が血管の病気から守ってくれる?

豚肉の脂質に含まれる成分が、血管の病気から守ってくれます。

豚肉の脂質にはアラキドン酸が入っていて、体内で血管をゲンキにするアナンダマイドに変身します。

アナンダマイドは、血管を拡張し高血圧や血栓の予防に役立ちます。

アナンダマイドが多く含まれている部位は、レバーです。

亜鉛は骨や筋肉にあるので、不足すると骨の量が減ることもあります。

豚のレバーに亜鉛が多いです。

「林修の今でしょ!講座」健康長寿が食べている秘伝の豚肉レシピとは?

豚肉とキャベツのにんにく炒め

1.豚肉・キャベツをニンニクで炒めた後に、豆富を投入します。

2.しょう油・だしの素で味付けします。

3.具材に火が通ったら完成です。

豚レバーの味噌汁

沖縄では、チムシンジといいます。病人の滋養食として食べられていました。

味噌汁に豚肉を入れるのです。

「林修の今でしょ!講座」豚の生姜焼きの裏ワザは?

豚肉の生姜焼きのときに、しょう油・ショウガに加えるとジューシーになるのは、梅酒です!

木村拓哉さんが見事正解しました!

そして、お肉を漬けこんで焼けば、柔らかジューシーな生姜焼きにすることができます。

豚肉を柔らかくするのは、酸と糖です。

酸は繊維を柔らかくする効果があり、糖は保水性が高いので、両方持っている梅酒は最適なのです!

まとめ:「林修の今でしょ!講座」豚肉の栄養や免疫力アップとは?生姜焼きのレシピは?

ここでは、「林修の今でしょ!講座」では、豚肉の栄養や免疫効果やレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事