音楽

2020年4月28日放送「マツコの知らない世界」で、海外でも人気な昭和イントロベスト10が紹介されました。ここでは、「マツコの知らない世界」で紹介された、昭和歌謡の昭和イントロベスト10についてまとめました。

「マツコの知らない世界」昭和ポップスが海外や平成世代でも人気?

2020年4月28日放送「マツコの知らない世界」で、海外でも人気な昭和ポップスイントロベスト10が紹介されました。

「マツコの知らない世界」では、「今若者に密かなブーム!『昭和ポップスの世界』」と題して昭和のポップスにハマった平成生まれの若者2人をゲストに招き、海外でもブームとなっている懐かしの「昭和ポップス」をマニアックな知識と斬新な視点でマツコにプレゼンしていきます。

いま海外の若者を中心に人気を博している70~80年代の都会的でオシャレな名曲の数々の素晴らしさを昭和歌謡バーのイベントで知り合ったという高橋昌太郎さんとさにーさんの平成生まれのゲスト2人が紹介します。

平成生まれの2人からみた当時の楽曲の魅力、毎日のようにあった生放送の歌番組の華やかさ、昭和の共有感などから来る魅力を、お気に入りの名曲を当時の貴重な映像とともに振り返ります。

今回は伝説の歌番組「ザ・ベストテン」で使われていたランキングボードをスタジオに持ち込み、当時の編曲家たちが生み出した「イントロがスゴい曲」ベスト10を紹介します。

「マツコの知らない世界」昭和イントロベスト10!

第10位:「君は1000%」 1986オメガトライブ

イントロだけで夏の到来を感じさせる爽快感がたまらない!

透明感のあるカルロストシキの声に合う!

第9位:「そして僕は途方に暮れる」 大沢誉志幸

シンプルなのに映画を見終わったような余韻に浸れる!

無機質で打ち込み風だが、人が弾いている!

第8位:「夢芝居」 梅沢富美男

イントロだけで役者を表現!現代にはないサウンド!

イントロ後半のギターがカッコいい!

編曲は桜庭伸幸さんで、他には「天城越え」があります。

第7位:「ルビーの指環」 寺尾聰

ロックなギター&間に入るリズムが耳に残ってカッコいい!

ザ・ベストテン!伝説の12週連続の1位!

(それまでの10週連続1位の記録、世良公則&ツイストの「銃爪」を破っての記録です)

アレンジは、井上鑑さん。福山雅治さんのライブなどに参加するキーボード奏者です。

第6位:「チェリーブラッサム」 松田聖子

華やかなストリングスの疾走感が心に響く!

松田聖子伝説の幕開けを感じさせるイントロ!

第5位:「少女A」 中森明菜

オルガン=>ロックギターの流れが斬新でカッコいい!

第4位:「Romanticが止まらない」 CCB

中毒性のある「歌えるイントロ」思わず口ずさんでしまう!

シンセサイザー・ドラムの軽快な音が耳に残る!

第3位:「抱きしめてTONIGHT」 田原俊彦

思わず体が動いてしまう!キャッチーなイントロが魅力的!

作曲は、筒美京平「教師びんびん物語」の主題歌。

マツコも驚愕・全部サビ?

「バブル真っ只中」を感じるゴージャスな編曲!

第2位:「異邦人」 久保田早紀

今の時代に聞いても新しい!異国情緒あふれるイントロ!

編曲は萩田光雄。シルクロード感は、ダルシマー(中東の民族楽器)

第1位:「魅せられて」 ジュディ・オング

作曲&編曲は、筒美京平。作詞は、阿木燿子。

地殻変動を思わせる壮大なイントロに注目!高音と低音の壮大なイントロ!

まとめ:「マツコの知らない世界」昭和イントロベスト10!1位の昭和ポップスは?

ここでは、「マツコの知らない世界」で紹介された、昭和歌謡のイントロがすごい曲ベスト10についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事